オービター ( ケガキ装置 )

オービター

 

ケガキ装置=地震軌跡記録装置

免震建物の維持管理においては、通常、地震時に免震建物に入る加速度などの地震観測を行う場合
地震計を設置する事がありますが、高価なだけでなくその維持管理が非常に煩雑になる恐れがあります。
弊社では、免震建物の動きの軌跡を正確に把握できる、独自に開発・製造したオービターを設置いたします。

オービター、つまり「ケガキ装置」は、地震時における建物の水平方向の挙動を機械的に記録するもので、
簡易に免震建物の地震軌跡が把握できます。また、初期設定との位置比較も可能となり安全性が確認できます。

オービターの概要

オービター(ケガキ装置)の構造は、免震層床に高さ調整用架台を設置し、その上に
記録用ケガキ板(ステンレス記録板、又はアクリル樹脂記録板、又は感圧ラミネート処理記録紙)を取り付け、
地震時の軌跡をスプリング式円錐針で記録します。

オービター(ケガキ装置)構造図   スプリング式円錐針ケガキ板

オービター(ケガキ装置)構造図

オービターステンレスタイプ   標準ケガキ板サイズ 1000mm、1200mm

オービターステンレスタイプ

0点表示はクロスライン
汎用で実績も多く、記録用ケガキ板のサイズは自由。

オービター樹脂タイプ   標準ケガキ板サイズ 1000mm、1200mm

オービター樹脂タイプ

同心円印刷範囲は最大1200mm
取扱いが簡便で軌跡記録箇所を切断しコピー複写できます。

上記以外のサイズ、および記録紙タイプはご要望により製作いたします。

オービターの振動実験

弊社オービターの振動実験映像

オービターについての詳細は、免震テクノサービス お客様窓口までお問合せください。

お電話でのお問合せ

045-620-9760(横浜)
06-4862-6348(大阪)

FAXでのお問合せ

045-620-9770(横浜)
06-4862-6349(大阪)